酒飲みなら知っておきたい。肝臓と仲良く生きていく3つの方法

我々は、その長所よりも欠点によって友を知るのだ

 サマセット・モーム William Somerset Maugham (1874-1965) UK

今回の登場人物

Mr.メンテナンス
人生のメンテナンスを促してくれる人。ダメ男さんには手を焼いてますが、面倒見のよい優しいお兄さんです。
悩めるダメ男さん
常に楽してイケメンになりたいと考えていて、人生それなりにハッピー。基本、全て三日坊主です。

今回のお題
明日もきっと二日酔いのダメ男さん。今日は珍しくMr.メンテと居酒屋に来ています。何も考えてなさそうなダメ男さんに今回は「肝臓」のお話。肝臓とお酒の関係となんで大切なのか3つのポイントをご紹介します。ちょっと、ダメ男さんちゃんと聞いてます?


肝臓と仲良くしてますか?

今日も唐突ですね…
あ、すみませんつくねのタレ2本ください。

肝臓はアルコールを分解する臓器です。
肝機能が弱まると肺炎やガンになる可能性があります。
大好きなお酒で病気になりたくないでしょう…??

それはイヤですね…
でもどうしたらいいんですか?

一つ、飲み過ぎない。

一つ、ビタミンとタンパク質を摂る

一つ、軽い有酸素運動を…

耳タコですわぁ。
あ、タコわさください。

・・・。

僕には難易度高いっすよ。

まず飲酒はほどほどに…。

そもそも居酒屋一緒に来てそういう話します?

ビタミンとたんぱく質は肝臓にとって重要な栄養素なのでよく覚えておいてください。

全然通じない…。

ビタミンとたんぱく質がですか?

アルコールを分解する時に肝臓にたまっているビタミンB1を大量に消費。
ビタミンB1が足りなくなるとたんぱく質を消費し始めます。

ビタミンB1の次にたんぱく質が使われるんですね。

さらにたんぱく質が不足すると筋肉を分解してたんぱく質をつくります。

筋肉分解されちゃうの…。

そうならないためにしっかり補給しましょう。
ビタミンB1は豚肉・レバー・豆類に多く含まれます。
たんぱく質も肉類・卵・豆製品をとるといいでしょう。

お酒のつまみになりますね。

そして有酸素運動は肝臓にたまった脂肪を燃やしてくれます。

肝臓にも脂肪が溜まる?!
 僕のフォアグラです。

そうです。
この脂肪を放置すると肝臓に脂肪がたまり肝炎やガンを誘発します。

ごめんなさい。

日頃から散歩や軽い運動を心がけましょう。

はい!!
よし、レバーとビールで肝機能をあげるぞ!!
瓶ビール追加で10本お願いしまーす!!

ちょっと!飲みすぎ!!


参照:アルコール性肝障害の症状は? アルコール性肝炎や脂肪肝の症状を解説(LINK
参考文献:特集 アルコールとビタミンの関係 アルコールとの上手な付き合い方(LINK
参考文献:La Santé Letter(LINK

こちらの記事もおすすめです。